金沢竪町商店街で手づくりの結婚指輪!SunDanceの人を幸せにするジュエリーって?




こだわりショップが並ぶ金沢の穴場ストリート、竪町商店街にオシャレなジュエリーショップを発見!SunDance(サンダンス)はブライダルやファッションジュエリーを一からオリジナルでつくられています。聞くところによると、海外からのお客様も来られるほどの人気店。そして、来る人来る人、大満足される不思議な魅力漂うショップ。今回はSunDanceのジュエリー職人、大清水さんにお話しを伺い、人を惹きつけるオリジナルジュエリーの秘密に迫ります!



編集部:SunDanceではどんなジュエリーをつくられてますか?

大清水さん: 結婚指輪や婚約指輪などのブライダルジュエリーや、日常的に身につけるファッションアクセサリーなどをオーダーメイドでつくっています。お客様が思い描かれるイメージを職人が一つ一つ形にしていきます。一からデザインを起こす「フルオーダーメイド」のものもあれば、フォルム、デザイン、素材などをお好きな組み合わせで選んでいただく、「カジュアルオーダー」のものもあります。つくったあとの修理やメンテナンスもショップと併設したアトリエで行なっています。





編集部:オリジナルリングってそもそもどんなプロセスでつくられるのですか?

大清水さん:まず、最初にお客様のカウンセリングから始まります。ご予算や、どういったものをイメージされているのかなどを伺いながらデザインを考えます。でも、多くのお客様のイメージは漠然なものだったりするので、そこはしっかりお話しを聞いて、お客様の想いを丁寧に汲み取って進めます。そうして一緒につくりあげるイメージを共有するために、その場で絵を描くこともありますね。一旦お預かりして、後日デザイン画を描いて進める場合もあります。そのあとに原型となるモックをつくり、ご確認いただいてから本リングをおつくりするプロセスです。


  



編集部:オリジナルリングはどれくらいの期間でつくれるものですか?

大清水さん:
リングの複雑さや、その時の状況によって変わりますが、最短だと2週間くらいあればできます。場合によっては3ヶ月で完成するものもあれば、一年かかってもできないものもあります(笑)。 


編集部: どんな方がお店に来られますか?

大清水さん: 国内の方も、海外の方も結構いらっしゃいます。少し前にはニュージーランドから結婚指輪をつくりに来られたカップルもいらして・・・


編集部:旅先で結婚指輪をつくられるって珍しいですね?

大清水さん:僕も意外でした!婚前旅行で金沢へ来られていて、記念として結婚指輪を探されていたようですね。ニュージーランドで行われる結婚式に間に合うようにおつくりして、すごく喜んでいただけました。




それと、最近では横浜と大阪で遠距離恋愛されているカップルの方もいらっしゃいました。彼女さんの地元が金沢だったことがきっかけで、来てくださりました。その彼女さんのリクエストで、手先が器用な彼氏さんの手作りで結婚指輪をつくっていかれましたね。




編集部:お客さんがジュエリーを自らつくることもできるのですね?


大清水さん:その時は、ある程度の形のところまではこちらでおつくりして、部分的な作業を体験していただいた感じですね。そう言うご要望がある場合は個別相談という形にしています。以前はジュエリー教室を開催していたのですが、最近は忙しくなってきてしまって休校しているんです。もう少し余裕ができたら、再開できるかもしれません・・・


編集部:ぜひまた教室開いていただきたいです!でも、その彼女さんはSunDanceさんのリングのどんなところに一番惹かれたのですかね?

大清水さん:うーん・・・その彼女さんは最初インスタグラムをみてSunDanceへきてくださったのですが、仕上がったリングをみて「写真では伝わらない何かがある」とおっしゃっていただきましたね。

編集部:言葉にできない特別なものを感じたのでしょうね。オリジナルジュエリーって、お客様の意思と、その意思を汲み取った職人さんの想いも込められているから、既製品では決して実現できない表現がリングに出たのだと思います。



編集部:大清水さんっていつからジュエリー職人をされているのですか?

大清水さん:19歳の頃からずっとですね。元々は東京で全く別の仕事をしていたんです。でも何か違うことを始めたいなと思っていて・・・当時シルバーブームの走りでもあって、ものづくりや表現することは好きで、とても興味がありました。その方向で探していて、最初に叩いた扉がSunDanceでした。最初は何もわからず、「The職人」の世界に苦労もしましたね・・・当時インターネットもなく、本も少なかったので、師匠のやり方を「見て盗む」と言う形でのスタートでした。




編集部:そんな大変な世界でどうして、続けようと思ったのですか?


大清水さん:自分が描いたデザインが、実際形になっていく時の喜びを最初にわかってしまったんです。「あーこんな面白いことがあるんだ」って思いました。一種麻薬のようなものがあって、単純にもっと上手になりたいって思ったんです。

編集部:ものづくりにおいて、大切にされていることはなんですか?

大清水さん:ものがつくられる過程をしっかり理解して、生産者の想いに共感することを大切にしています。例えば、以前、真珠の名産地である三重県伊勢志摩に「真珠体験の旅」に行ってきました。普段ジュエリーをつくる際に使用している真珠が実際どのようにつくられているのかを、ちゃんとこの目で見ておきたいと言う想いがあって・・・業者さんにご紹介いただき、特別に真珠づくりの現場を生産者の方々から学ばせていただくことになりました。

  

僕も知らなかったのですが、真珠の素となる「核」と言う玉を、貝の中に入れて、その玉が2〜3年かけてコーティングされていってあの真珠の輝きができるんです。実際その核入れ作業をしたり、船に乗って貝を取りに行ったりもしましたが、知っているようで、全然知らないことばかりでしたね。とても素敵な体験をさせていただきました。




編集部:真珠って想像以上に手間も時間もかかるのですね・・・初めて知りました!


編集部:いまSunDanceではどんなジュエリーが人気ですか?

大清水さん:ブライダルだと、もともと自分がジュエリーを始めた頃に主流だったシンプルなデザインがいまトレンドとして戻ってきているように思います。それと、天然石を使ったアクセサリーのご依頼も増えています。こちらもブームが再来しているのかもしれません。


  
  


編集部:最後に、竪町商店街について聞かせてください!大清水さんがオススメする竪町商店街のお店はありますか?

大清水さん:19歳から竪町にいるので、結構古くからあるお店は親しみがありますね。BEKKU HOMMEさん(イタリアのシューズが中心のセレクトショップ)はよく行きます。食べ物でいうと、お好み焼き屋のしずるさんは、20〜30年やってるお店なんでね。「しずるのおばちゃんとこ行こうか〜」っていうノリで皆に愛されています(笑)。



編集後記:ものづくりに対する熱い想いを感じながら、大清水さんのお話に聞き入ってしまいました。「生産者の想いを知りたい。共感したい。」という大清水さんの言葉を聞いたとき、それは彼のお客様に対する姿勢でもあるなと感じました。これから結婚する二人、新しい自分を見つけようとしている人、いろんなお客様がSunDanceを訪れる中、その一人一人の想いに耳を傾け、その想いを叶えたいという気持ちがきっと大清水さんのジュエリーに現れ、多くのお客様を幸せにしているのだろうなと思いました。

金沢へお越しの際は、竪町商店街へ!大清水さんのジュエリーショップはもちろん、他にも個性豊かなショップが並んでいるのでぜひチェックしてみてください!


▼大清水さんのお店:SunDance

住所:金沢市竪町95番地加藤ビル2F
電話:076-264-8899
メール:sundancestore1@sundance-net.com
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日
WEBサイト:http://www.sundance-net.com/
Instagram:https://www.instagram.com/sundance_kanazawa/


▼大清水さんオススメの竪町商店街のお店:

BEKKU HOMME
住所:金沢市竪町26
電話:076-221-2924
メール:info@bekku-homme.com
営業時間:11:00~19:30
定休日:水曜日
WEBサイト:http://www.bekku-homme.com/
Instagram: https://www.instagram.com/bekkuhomme/


お好み焼き しずる
住所:金沢市片町1-12-24
電話:076-264-2486
営業時間:11:00~22:00 (L.O. 21:30)
定休日:月曜日
Instagram:https://www.instagram.com/sizzle1972/


▼竪町商店街公式SNS
Facebook:https://www.facebook.com/kanazawa.tatemachi/
Instagram:https://www.instagram.com/kanazawa.tatemachi/
Twitter:https://twitter.com/tm430


▼竪町商店街Webサイト
https://www.tatemachi.com/

コメント